[ サイトマップ ]

探偵社、興信所の利用方法!

この様な探偵社にご用心!

調査契約書サンプル

調査報告書サンプル




  裁判証拠収集
  わずかな手がかり調査
  DNA鑑定
  指紋筆跡鑑定
  いたずらの悩み

 

 証拠収集その他 > DNA鑑定


DNA鑑定では、個人の識別やある親子関係(親子鑑定)について生物学的血縁関係の有無を鑑定する事である。母子関係は出産により事実が明らかなので、父子鑑定を中心に行われる。

 種類
認知請求事件(民法第779〜787条)
結婚外で生まれた子が、父と思われる男性に認知を請求。
摘出認知請求事件(民法772〜778条)
妻が婚姻中(結婚後200日〜離婚後300日)に懐胎した子は自動的に夫の子である。夫が妻の不貞を疑い、自分の子でないと訴える。
親子関係不存在確認請求事件(戸籍法第113条)
実子でない子を実子とした違法な出生届。後日、戸籍の訂正を要求。
父を定める訴え(民法773条)
女は前婚の解消・取り消しの日から6ヶ月以上経過しないと再婚できない(民法733条)これに反して再婚して懐胎し、父を定められない時、裁判所が定める。
子の取り違い。
嬰児殺・殺害された子の親を定める場合。
強姦事件・胎児の父を捜査。

従来の親子鑑定では血液型により判定していたが、最近の親子鑑定ではDNA鑑定により、確率の高い判定結果が得られ、血液型よりも有効とされています。

検査方法は主に4つあり、唾液・毛髪・血液・体液からの検査が可能です。又、特殊な検査に関してはお問合せ下さい。