[ サイトマップ ]

探偵社、興信所の利用方法!

この様な探偵社にご用心!

調査契約書サンプル

調査報告書サンプル





調査を行うにあたって、多くのことが見えてきます。ご依頼頂いた方の人生の分岐点を一緒に真剣に考えてより良い選択が出来ることを願い、日々、仕事をさせて頂いております。

本部は、東京と大阪にあり全国どこでも調査が可能な調査会社として活躍しております。現在では、色々な局面で探偵社が必要になる事が多く見られます。おかげさまで、今日までに沢山のご依頼を頂き、依頼者様には心から満足して頂ける様な調査内容をご提供させて頂いております。

 調査見積例


 浮気調査の場合
ご依頼時の状況
結婚して3年。子供が1歳の奥様からのご相談。最近夫が「離婚したい」と言われた。訳を話してと何度頼んでも「性格が合わないから・・・」のいつ点張り。本当のことを知りたくて相談に見えた。

夫の様子
夫は自営業なので、仕事とOFFの区別がつきにくい。夜は、遅くても12時には帰宅する。

相談員の意見
調査をしても、夫が言うように何も無いかも知れない。でも、調べる事で自分の納得がいくなら・・・と調査をお奨めしました。とりあえず、木曜日から土曜日までの3日間、夕方から会社を張り込んで夫の行動をチェックすることを提案。

実施場所の下見
夫の会社は、郊外の目抜きストリート沿いの集合ビルの2階。出口は3箇所。ただし、夫は普段ほとんど車で行動をするため、駐車場を主に見張っていれば見逃す事はないであろうと判断。

調査本番
調査員は3名。バイクによる尾行調査員が1名。バイクに指示を出したり張り込みをする調査員が車輌で夫を監視。もう1名が徒歩の場合の尾行を担当。

必要な料金
人件費 1日(6時間) 1名 35.000円
車輌費 1台 20.000円 車・バイク共同額
調査経費 5.000円までは請求いたしません。
諸経費 電車・新幹線・飛行機・高速道路・出張宿泊費等が別途請求になります。

※尾行調査の場合、調査員は2名1組で行動いたします。又、調査員の人数は、調査の内容により何名でもお引き受けいたします。